Works

イベントにまつわる企画や運営のお手伝いをしている会社です。
様々なイベントに関わらせて頂きました。

弊社は大手会社のような「オリジナル企画を作りお客様に提案してイベント開催を行う会社」とは違い、基本的には「お客様の考える企画」をお約束通り無事に実現し完了させる会社です。
開催の趣旨、日程、予算、内容をお聞かせ頂き、それに見合うご提案を行っています。「企画はお客様」「運営と企画内容の調整や提案が弊社」と考えています。
ご提案は予算に応じて、流行のタレントさんやその他内容を提案するなど普通の会社と同じですが、弊社は、イベント代理店のくくりではなく「企画現場監督」を目指しています。企画現場監督は様々な業種の方々から仕事を頂き幅広い分野で仕事をさせて頂いています。
企画現場監督のイメージは、プロ野球球団がイメージとしてお伝えやすい思います。球団オーナー(主催者/お客様)野球チーム監督(企画現場監督)選手(各専門業者)とすれば、野球チーム監督(企画現場監督)は、球団オーナー(主催者様/お客様)の予算に応じて選手(各専門業者)を選んだり、トレードを行い、試合(イベント)に勝つ(成功させる)ためにチームを運営する。そんなイメージです。
企画現場監督はステージ設営部材、会場設営テント、模擬店機材、イス、テーブルは持っていませんが、ステージを演出するための音響機材、映像関係のスクリーンプロジェクター/模擬店機器などの必要最低限は自社で持っていますので予算調整が単純であり、映像機器は目に見える演出が屋内、屋外では夕方〜であれば効果的に使えますので好評を頂いております。
イベント会場の設営備品も持ちたいのですが、多額の資金と固定費がかかりますので、弊社では持てません。必要な場合は専門のレンタル会社に依頼し予算の中で協力をお願いし、チームの一員として協力をお願いしています。


企画現場監督は「打ち合せ〜当日の現場完了」まで全て一貫してお客様をサポートします。
打ち合せの段階からお客様の要望に対して。
同じ予算でこんな事も出来ます。これは高額だからやめましょう。などと言ったアドバイス。
会場設営に関するレイアウト図作り。
模擬店があれば、模擬店に関するアドバイスや食材や遊具、玩具、抽選会賞品の手配。
告知方法やポスター・チラシの制作、印刷。
音響照明プラン作り〜打ち合せ(主催者様ご手配の出演者様とも打ち合せ致します)
当日全体のタイムスケジュール、ステージ進行台本。
出演者の送迎手配〜打ち合せ〜本番。
イベント終了、「撤収を見届け、作業終わりました。お疲れ様でした。」と主催者様に報告するまで一貫してイベントに従事します。

企画現場監督は結構大変です。上記の内容をいつも行っている会社です。